薬剤師の国家免許を取得するためには、薬学系の6年制大学を卒業する必要があります。

MENU

薬剤師

 

薬剤師の画像

 

薬剤師は、女性にも人気の職業です。
医療現場において薬を扱うスペシャリストなので、時には医師に相談されることも。

 

また、職場も医療施設からドラッグストア、製薬会社への就職など、様々な選択肢があります。

 

給料は、男女の差がないので、女性の進出が多く目立っています。

 

薬剤師になれば、まず一生仕事に困ることはないでしょう。

 

その他の医療関連の職業「看護師

 

 

 

薬剤師になるには

 

薬剤師は、国家免許です。
取得するためには、薬学系の6年制大学を卒業する必要があります。

 

その後、薬剤師国家試験を受けることができるのです。

 

 

薬剤師の働く場所

病院

入院患者さんを扱う病棟薬剤師、医薬品情報業務、薬品管理、製薬管理、治験業務など、多岐に渡っています。

製薬会社

臨床開発モニター、治験コーディネーターなど、新薬の開発に関わる仕事が主になるでしょう。

調剤薬局

処方箋をもとに調剤する業務、服薬方法の指導、薬歴指導など。
また、在宅患者や介護施設への調剤業務や服薬指導もあります。

ドラッグストア

処方薬を取り扱う店舗も増えているので、調剤業務と処方箋の必要のないOTC販売の両方を扱うことになります。OTC販売では、お客様の訴えに対しての聞き取りが重要となるでしょう。

開業

自宅開業、店舗開業など、調剤薬局やドラッグストアを開業することもできます。

 

 

 

薬剤師に必要な資格や能力

 

薬剤師の免許を取得すると、
認定薬剤師専門薬剤師認定資格を受けることができます

 

どの道に進むかは、どこの団体で認定を受けるかで変わっていくシステムです。

 

以下にその一例を挙げてみました。

 

日本病院薬剤師会

がん専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師、感染制御専門薬剤師、感染制御認定薬剤師、その他複数

日本医療薬学会

指導薬剤師、認定薬剤師

日本臨床薬理学会

認定薬剤師、認定CRC

 

これらの他にも複数の団体があります。

 

薬剤師に必要な能力のひとつに、探求心が旺盛であることが意外にも挙げられます。
新薬の開発や治験に関わる場合は尚更でしょう。

 

薬剤師は、理系に分類されるので、論理的な思考力もなくてはなりません。