HTMLやCSSやJavacritなどの言語や、「Illustrator」や「Photoshop」などの知識が必要です。

MENU

Webデザイナーとは

Webデザイナーの画像

 

Webデザイナーとは、企業や個人などから依頼されたWebサイトのデザインを制作する仕事をしている人の事を言います。仕事を依頼してきたクライアントの満足度を得られるWebデザインを作成する必要があります。

 

Webデザイナーは、Webサイトの構成とレイアウトを決めて全体的なイメージを作り、その上でサイトのデザインを細かく決めていったり、Webサイトのコーディングを行ったりします。

 

Webサイトのコーディングとは、Webサイトを構成する為のHTMLやCSSやJavacritという言語を使用し、Webサイトの画像・文章・配置・フォントや文字サイズ・色・動きなどを作っていきます。
WEBデザイナーはWebサイトを作成するだけでなく、企業や個人などのクライアントとミーティングをする必要もあります。

 

クライアントの希望をしっかりと把握し、クライアントに満足してもらえるWEBサイトを作成する為にも、クライアントとのコミュニケーション能力やヒアリング能力が必要になります。

 

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるのに必要な資格や経験は必要ありません。しかし、特殊な職種なので、Webサイトを作成できる知識やスキルは必要になります。

 

例えば、Webサイトを作成するためのHTMLやCSSやJavacritといった言語や、Webサイトを作成するのに必要な「Illustrator」「Photoshop」などを知識を得ておく必要があります。
これらの勉強は独学で勉強する事もできますし、大学や専門学校などで学ぶ事もできます。

 

Webデザイナーの就職先

Webデザイナーの一般的な就職先は、Webサイト制作を種としている企業です。
また、一般企業でもWebを制作する部門などがあるところも多いので、そこに就職すると言う手段もあります。

 

ある程度Webサイト制作企業などで経験を積めば、フリーランスとして働くことも可能です。女性であれば出産後など、在宅で仕事をする事も可能になります。