自分の取り扱う商品や製品、サービスなどに対し、深い知識と理解が求められます

MENU

営業の仕事内容

 

営業とは簡単に言うと自分の勤める会社が作った商品を他社の企業などに紹介し販売する職種です。

 

そのため、自分の取り扱う商品・製品・サービスなどに対し、深い知識と理解が求められます。
また、自分自身も顧客に対し、よりよい対応ができなければ営業成績があがることがありません。

 

「営業」と言う部署が無ければ、どんなによりよい商品・製品・サービスがあったとしても、顧客の目に触れたり、手にとってもらえなければ売り上げる事はできません。そのため、企業の商品・製品・サービスがどれほど売り上げる事が出来るのかは、全て営業職の力にかかってきます。営業職とは企業にとってなくてはならない存在なのです。

 

営業の画像

しかし、営業は「自分への貢献」や「会社への貢献」のみを考えて仕事をしていては、顧客から信用を得て営業成績を上げる事はできません。逆に「顧客への貢献」のみを考えていては、営業成績を上げられても企業の利益にはなりません。「会社への貢献」と「顧客への貢献」と「自分への貢献」がうまくバランスが取れなければ本当の意味での「営業」という仕事ができないのです。

 

営業の仕事とは、勤める企業によって様々ではありますが、ある程度ノルマ設定がされている事が多く、それを達成する事が主な仕事内容となってきます。
逆に言えば、営業成績が達成できれば時間を有効に使う事が可能になってきます。女性に営業職が人気が高い理由はここにあります。

 

 

例えば、子供を出産した後、平日に多くある子供の学校などの行事に出席する為の時間の融通がききやすくなります。
独身であっても仕事を頑張れば、その分自分に有意義な時間を作る事ができます。
同じようにWebデザイナーも経験を積んでいけばフリーランスとして在宅勤務することも可能であり、家族との時間を作るのには最適でしょう。

 

また、ノルマを達成する事や顧客と直接触れ合う事などで、企業や顧客に貢献していると自負できる点も、やりがいがあって魅力的な職種であると言えます。