自分に合った対象の雑誌の読者モデルに応募するのが、モデルになる第一歩です。

MENU

モデル

 

モデルの画像

 

女性にとっては、モデルになる、というのは子供の頃から憧れている職業の一つではないでしょうか?
モデルになるのにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

読者モデルに応募する

様々な雑誌が「読者モデル」を紙面上やWebサイトなどで応募しています。
まずはヘアカタログなどに出るカットモデルやファッション雑誌に出るモデルなど、また、雑誌を読む年齢層等も考慮しやうえで、自分に合った対象の雑誌の読者モデルに応募する事が、「モデル」になる第一歩と言えるでしょう。

 

応募条件は各雑誌によって様々ですが、年齢・身長・体重・スリーサイズ・血液型・応募の動機・自己PR・最近撮影したバストアップ(上半身)の写真と全身写真が必要になります。
読者モデルになった場合、他の雑誌の読者モデルになる事はできず、そのほとんどが「専属契約」になる事を覚えておきましょう。
また、読者モデルの平均報酬は1,000~5,000円ほどとなります。

 

オーディションに出る

いわゆるモデル事務所が行っているオーディションに応募する事です。
Webサイトやオーディション雑誌などで募集をしているので、気になるものがあったものに応募してみるのもモデルになる手段の一つです。

 

スカウトされる

東京などの都会では、よくスカウトの人に声をかけられてモデルになったという話しをよく聞きますね。
しかし、アダルト系であったり、詐欺であったりなど注意も必要です。まずは名詞だけ貰って、インターネットなどできちんと事務所について調べたり、親族や知人に相談してからにしましょう。

 

自分自身で売り込みをする

SNSなどを使って自分自身を売り込むという手段もあります。
例えばYouTubeやInstagramやTwitterなどで自分自身をアップし、注目度が高くなればモデルとしての仕事が舞い込んでくる可能性もあります。