絶対条件ではありませんが、JALやANAのCAはTOEICスコアが600点以上が目安です。

MENU

航空会社

 

CAさんの画像

 

航空会社へ就職・転職したいという女性は、時代を超えて普遍的に一定数いるようです。

 

大空を職場にするということは、女性にとっても夢があり、魅力なのでしょう。
その点において、永遠の花形職業の代表といえるのかもしれません。

 

航空会社で実際に働いている女性の実情や、
どうしたら航空会社に入社できるのかなどをサーチしてみました。

 

 

航空会社に入社するには

 

航空会社の大まかな職種

CA

キャビンアテンダント、会社にとっては「顔」であり、女性の憧れの職業でもあります。

グランドスタッフ

空港内での様々な業務をこなすスタッフです。

コンシェルジュ

会社にとってのVIPを専門に接遇する業務。

パイロット

男女比の割合は、圧倒的に男性が多いのですが、女性に不利な業務というわけではないようです。

オフィスワーク

一括りにできないほど多様な業務があります。

メカニックなど

飛行機を整備したり誘導したりと、それぞれ専門の業務に分かれています。

 

憧れの職業と言っても、いろいろな「入口」があるのが航空会社。

 

その業務の特性によって新卒が有利であったり、逆に社会経験を積んだ中途採用者が多かったりと、これもまた多種多様。

 

航空会社への就職を目指すなら、目標を絞り込むことが採用への近道ではないでしょうか。

 

 

 

 

航空会社入社に必要な資格や能力

 

資格はどの部署を志望するかで全く違います。

 

例えばCAならば…

TOEICスコア

絶対条件ではありませんが、英会話が出来なくては仕事になりませんので、その辺は常識内ということでしょうか。
(JALやANAでは600点以上相当が必要)

身体能力

体力、気力、判断力、視力、そして人格が求められるようです。

 

事務系では、経理事務検定などの資格、パイロットでは、定期運送用操縦士の資格が必要です。

 

 

平均年収

CA

300万円弱~500万円以上

パイロット

800万円~2000万円以上

グランドスタッフ

200万円~350万円程度