お花に関わる仕事は昔から女子の憧れ!フローリストの仕事内容や重視したいスキル

MENU

フローリスト

花を持つフローリスト

様々な調査で、女子に人気の職業として必ずと言っていい程選ばれるのがフローリストです。
このフローリストという言葉、おそらく男性の方はほとんど聞いたことが無いと思いますし、女性の方でも知らない方は多いはずです。
実はこの言葉は、比較的最近になって使われ始めた言葉なのです。
では、このフローリストとは一体どのような職業なのでしょうか?

 

フローリストとは

男女を問わず、フローリストと聞いてピンとくる人は決して多くはありません。
では、フローリストとは一体どのような職業なのかと言うと、簡単に言ってしまうと花屋で働く店員のことです。
要するに、昔で言う「花屋さん」のことを指しているのがフローリストという言葉なのです。
現在ではまだ、花屋さんという呼称の方が一般的ですが、今後はどんどんとフローリストという言葉を使う方が増えていくと予想されます。

 

フローリストの仕事

フローリスト(花屋さん)の仕事には、一般的に「華やか」「楽しい」というイメージがあります。
しかし、実際には決して甘い仕事ではありません。
そもそもフローリストは例外無く花屋の店員ですから、花屋の業務に係ることには幅広く対応しなければなりません。
フローリストが行わなければならない仕事には以下のようなものがあります。

 

  • 花の仕入れ
  • 花の管理
  • 花の陳列
  • フラワーアレンジメント
  • プレゼントやギフトなどの作成
  • 接客

 

これらの業務の内で、特に大変なのは花の仕入れです。
花の仕入れには大きく分けて二つの方法があります。

 

一つは、市場に足を運んで自ら競りで落札し花を仕入れるという方法。
そしてもう一つは、事前にパソコンで注文を行い後日市場に花を取りに行くという方法です。
どちらの方法で仕入れるにしても、フローリストは必ず早朝の時間帯に市場に出向かなければなりません。

 

また、その日の仕入れが終わった後も矢継ぎ早に業務をこなさなければなりませんので、フローリストの仕事はとても大変です。

 

水仕事としてのフローロスト

フローリストは花を扱う職業であるため、季節を問わず大量の水を使って作業を行わなければなりません。
花を洗う際にも花を生ける際にも、絶対に欠かせないのが「水」です。
ですので、フローリストはある意味で水仕事であるということもできるでしょう。

 

水仕事ですから、手の乾燥や赤切れといったことからはどうしても避けることはできません。
特に冬場においては、毎日冷たい水を使って作業を行わなければならないため、ひどい手荒れに悩まされる方もいらっしゃいます。

 

フローリストになるためには

昨今、花を始めとした植物に関する資格・検定が増えてきています。
そしてその中には、フローリストとして働く上で役立つものもあります。

 

しかし、フローリストとして働くためにそうした資格・検定が必須なのかと言えば決してそうではありません。実際、花屋で働いている方の多くはこのような資格・検定を取得せずに仕事をしています。

 

ですので、フローリストになるためにはそれ以外の要素を重視した方が良いということになります。
具体的には、草花に関する知識や関心、コミュニケーションスキル、向上心、実務経験などです。
こうした要素が揃っていれば、資格・検定を持っていなくても問題なくフローリストとして働くことができます。